マンション住まいは、基本的に水手洗い洗車しかできない環境。
高圧洗浄機はもちろん、スノーフォームやシャンプーを使用した洗浄洗車もできない。
となれば、付着してしまった汚れはどうやって落とすのか?

メンテナンス頻度によっては、水洗い&ワックス掛けだけでも良いような気もしている。

とは言え、水手洗い洗車後に独立した作業工程として、「クリーニング」を実施することがベターなはずだと考えている。

また、ショールームなどへ出向く出張洗車の場合、ビジネスとして時間的かつ効率的に考えれば(要は生産性の向上)作業工程の追加は避けたく、「AKI洗車道場」さんのピッチレスコートや「齋藤○美装」さんの Mighty3 などの超微粒子研磨剤/有機溶剤/シリコン/界面活性剤などの成分を包含した汚れ落としを機能も兼ね備えた液体ワックスを開発/使用されているのだと自己理解をしている。

出張洗車業と言う現場のニーズで考えて生まれた、その道のプロが必要としたツールだと自分は思う。
その施工実績から、包含成分によるインパクトもないものとも感じている。

趣味として施工するか、仕事として施工するかの差異により、その利用価値が左右されるのだろうね。

クリーニング

自分がカーディテイリングの興味を抱いたのは、主として宮崎の「ワックスウォッシュ」さんに共感し影響を受けている。(傾倒しているとも言えるかも?(笑))
故に、自分のカーディテイリングスタイルは、「ワックスウォッシュ」さんコンセプトを基本にさせてもらい、咀嚼して実践していこうと。

(1) 通常(油分など)のクリーニング
(2) スケール(雨染み、水垢など)のクリーニング
(3) 鉄粉のクリーニング
(4) ピッチ/タールのクリーニング

通常(油分など)のクリーニング

シャンプーを使用しない水のみでの洗浄となるため、ワックス施工前に汚れを除去(下地作り)しておきたいとの思いから。
研磨剤が含まれていないクリーナーを使用する前提でいる。

自分が入手した通常クリーニングのケミカルは以下の二品。

HDクレンズ」はアマゾンにて、250ml を ¥3,980(税込)で購入

正直、高過ぎると思ってる!!
今回は初めてザイモール のワックスを使用するので、推奨されていた内容に則り購入したまで。。。(汗)

これら以外だと、以下のものが自分の候補です。

どれもが研磨剤は使用しておらず、安心して使えるものを基準にチョイス。

Zymol「HD-Cleanse」

【施工について】
液体は、ドロっとしておりとても甘い香りで茶色い。
チョコレートのように例えられている。

施工方法は、洗車後にクロスやアプリケータースポンジに付けて塗布する。
ザイモール曰く、小さい領域毎に強い圧力で円を描かない塗布方法。

クロスやアプリケータースポンジは乾いたままか、水に濡らして絞って使うのかは書かれていない。
初回は水に濡らして絞って使った。
今回は乾いたままで使った。
やっぱり、濡らして絞った方が楽に施工できる。

塗布後、少し乾いたら拭き上げる。
時間を空け過ぎてしまうと、かなり拭き取りが重たくなるで要注意。

今回は、納車されてから二ヶ月未満で雨天未走行の状態なので、汚れもあまり付着してはいない。
だから、効果のほどはよく分からないのが正直なところ。

【とても気になる点】
HD-Cleanse は使い切りサイズなのか?

まずはボトルの裏書き。

Zymol HD-Cleanse is a non-abrasive, essential oil paint cleaner that releases all dirt,impurities and dead paint resulting in the restoration of original paint color.

1. Remove all loose dirt from the paint surface by washing soiled paint with Zymol Clear.
2. Shake well,apply liberally using a Zymol Pre-Wax Applicator to small areas with heavy pressure until surface is sticky but moist.
3. Slowly buff with a folded Zymol Microwaipe turning the Microwipe often.

DO NOT USE A CIRCULAR MOTION AT ANY TIME.
THIS CONTAINER IS ONE(1) APPLICATION.

Google 翻訳先生曰く、、、

Zymol HD-Cleanseは、非研磨性のエッセンシャルオイルペイントクリーナーで、すべての汚れ、不純物、デッドペイントを放出除去し、元のペイントカラーを復元します。

1. 汚れた塗料をZymol Clear(ザイモールシャンプーの名称)で洗浄して、塗装表面からすべての緩い固着していない汚れを取り除きます。
2. よく振って、表面が粘り気があるが湿る水分がなくなり粘り気が出るまで、Zymol Pre-Waxアプリケーターを使用して、強い圧力で小さな領域に十分に塗布します。
3. 折りたたまれたZymol Microwaipe(ザイモールマイクロファイバークロスの名称)でゆっくりとバフし磨き上げ、頻繁にMicrowipeを回転面返しさせます。

決して円形の動きを使用円を描く塗り方をしないでください。
このコンテナは1つのアプリケーションです。この容量は一回のご利用分です。

 

ザイモールウェブサイトにある HD-Cleanse の商品説明文

Note 1

One 8.5 ounce container is application at one time.

Note 2

You must use Zymol HD-Cleanse to remove old wax, tar and stains before applying any Zymol Waxes or Glazee; otherwise they will not bond to the paint surface.

Google 翻訳先生曰く、、、

注1
一度に 8.5 オンスの容器 1 個が塗布です。

注2
Zymolワックスまたは釉薬を適用する前に、Zymol HD-Cleanseを使用して古いワックス、タール、汚れを除去する必要があります。そうでなければ、それらは塗装面に結合効果を発揮しません。

Google 翻訳結果が理解し辛い部分は、少し表現を変えてみた。(赤字の部分)

まあ、各所でザイモール製品を使ってね!、と言う記述はどこの製品でも良くあることで気にしていない。
ただ、黄色のマーカー部分なのだが、どうやらこの 250ml ボトル一本は一回の施工で使い切ってね!、だと理解できるのだが?
つまり、250ml ボトルは使い切りサイズだからね!と。。。

ここがものすごく気になった。
何故使い切るべきなのか?

ボトルキャップを開けた時、シーリングされていた。
ただ、中は真空状態にはなっていなかったと記憶している。
成分はエッセンシャル、つまり天然成分。

天然成分故に、一度開封して空気に触れると劣化するということか?
腐敗したり、カビが生えたり、酸化したりしてしまうのだろうか??

ここが、HD-Cleanse における最大の疑問。
もしそうだとしたら、一回のクリーニング施工に ¥4,000 弱も掛かることになってしまう!?

自分にはあり得ないな。。。

それと、液体が茶色いこと。

「ワックスウォッシュ」の川上さんの YouTube 動画の中で、液体は無色透明だと白いクロスで施工した場合に「汚れの可視化」ができると仰っていた。
なるほど!

左側の青いクロスを使ってしまっているし、HD-Cleanse は茶色だし、「汚れの可視化」とは程遠かった。。。

Zymol HD-Cleanse だけど、今保有しているボトルを使い切ったら今後は購入しないだろうと思っている。
今後の通常クリーニングには、

  • PROVIDE「OCメンテナンスクリーナー」
  • absolute wax 「IMMENSE」
  • GANBASS「PM-LIGHT」

を使用していきたいと思う。

 

PROVIDE「OCメンテナンスクリーナー」

【施工について】
未だ使用したことがないので不明。
ただ、液体は桜色。
少し美味しそうな色合いだ♪

成分は「ストッダートソルベント」と「アモルファスシリカ」。
何なんだろう?
今後調べなきゃね!

 

AUTOBRIGHT DIRECT「CITRUS WASH」

【施工について】
未だ使用したことがないので不明。
アマゾンにて、500ml を ¥2,980(税込)で購入

成分は「非イオン性界面活性剤」と「両性界面活性剤」。
アルカリ性の多目的洗剤だから、色々と汎用利用ができそう。
虫の死骸付着などにも効果がある。

だから、蜘蛛のフンだと思われるこの汚れにも。
小分けのスプレーボトルに希釈して、クルマに常備しておこうとも思っている。

 

absolute wax「IMMENSE」

「wax&arts」さんで取り扱っているが売り切れ中
再入荷したら、一本は購入しておこうかと思っている。

 

GANBASS「PM-LIGHT」

そこそこのお値段なので、タイミングを測って購入してみようかと。。。

 

「(1) 通常(油分など)のクリーニング」編は以上です!