COVID-19 のせいで、セカンドライフの計画変更を余儀なくすることになった。
と言っても、スケジュール変更だけなのだが。

ただ、時間を有効活用したいとの思いはあって、折角なので何か為になるもうひとつしてみようかと。。。

ここ最近はカーディテイリングに興味があるので、そっちの領域はどうだろうと考え始めている。

具体的には洗車とワックス掛けの「カーディテイリングサービス」ビジネス。

今現在このお二人のポリシーに感化されているのも事実。
感化というよりは共感。

宮崎の「ワックスウォッシュ」さんと大分の「スクーデリア」さん。
あと、神奈川の「LOW ANGLE PARADISE」さんにも。

「好きこそ物の上手なれ」と言う言葉があるけれど、それとビジネスは安易に成立しないとは認識している。
だけど、セカンドライフなので好きな領域に手を出しても良いんじゃないかな?と!(笑)

同じ考えを 15 年前に抱いたが、総合的に考えて踏み込まなかった(踏み込めなかった)。
AKI洗車道場」さんの出張洗車サービスを。。。

しかしながら、今考えているのは有店舗での洗車とワックス掛けのサービスビジネス。
サービスオプションとして、「出張洗車サービス」もアリかとは思っている。
ただ、残念ながらその領域のバックボーンが無いのだ。

調べてみたが、この領域は現在佳境みたい?だ。

何故なら、ガソリンスタンドが軒並み廃業している現状から、洗車ニーズが高まっているとのこと。

 

事実そうであるのか、自分には分からない。
だけど、洗車ビジネス開業への講習会や研修会がどこでも開催されている。
その内容や費用もピンキリの様相だ。

各開催元ビジネスに準じた資材と手法での講習/研修会が殆どかな?

自分は塗装に関する知識がないため、ポリッシングとケミカルを含めた地元神奈川県の「PROVIDE」さんの講習に興味を惹かれている。

講習について

コーティングやポリッシングをサービスメニューとするつもりはあまりないのだけど、知識と技術は得ておいた方が良いかなと思っている。
また、講習会費用も妥当な金額( 6 万円弱〜 27 万円弱)と感じているから。

あと、「AKI洗車道場」さん系列も色々とやっていた。

きれい好きな人を喜ばせるクリーティングコートを使った特殊技術で独立開業/在宅ワーク
洗車道場ビジネスで独立開業/超美観ケアの車・バイクのお手入れを教えるビジネスです
21日間上級実践講習 ~上級テクニックを身に着けたい人向け~ | 洗車・ワックス販売ビジネス | 笠井工房

正直、費用的に内容によってはお高く感じる( 3.5 万円弱〜 120 万円)し、月々の月会費も発生してしまうみたい?
「PROVIDE」さんは技術追求の主観点で、「AKI洗車道場」さんはビジネスモデル伝授の主観点で、という差異なんだと思う。
でも、出張洗車サービスでは、以下の基本収入の考え方がとても参考になった。

1か月の収入を20日計算するのが洗車ビジネスの基本収入計算法です。

1日4台×20日計算でビジネス展開し、20日を超えた場合は、超えた分を臨時収入と捉えます。

試しに、自分が考える1台の洗車料金で計算してみてください。

「21日間上級実践講習 ~上級テクニックを身に着けたい人向け~ | 洗車・ワックス販売ビジネス | 笠井工房」
https://www.kasaikobo.jp/business/carwashbiz/21days/

「出張洗車サービス」は1 台の施工を 2.0h 未満として見立てると、4 台で 8.0h の施工時間だね。
その辺りが妥当ライン?
1 台あたりの料金を幾らに設定するのかが確かに肝だと思う。
時給換算や付加価値料や利便性料での検討となるのかな?
ただ、1 日 4 台の施工は、当然ビジネスサービスが軌道に乗ってからの話なんだろうな。
でも、80 台/月の施工換算となる!?
ひと月に 80 台の施工をこなせるのか?
業界の実態が分かっていないから、判断できないな。。。

と、ここまで調べながら書いていて気付いてしまった。

出張洗車の料金って分かるよね?

「細野/美装」さん料金(時間料金)
「笠井工房」さん料金(時間料金)
「谷岡/美装」さん料金(施工料金)
「高田/美装」さん料金(施工料金)

やはり、時間料金と施工料金に別れていた。
ボディサイズやボディ状態によって施工時間が変わるので、時給換算の方がビジネス的に妥当かなと感じた。
時給額は 6千円〜 10千円。
施工額は 6千円〜 20千円。
結構バラつきがあるなと感じたが、技術的な差異や大人の事情があるのだと思う。

時給 6 千円と考え、前述の基本収入計算法に当てはめて、1 日 8.0h ( 4 台施工)とした場合は 6 千円 × 8.0h = 48 千円が一日の売上額。
48 千円 × 20 日 = 960 千円が一ヶ月の売上額となる!?
本当か? (゚o゚;;

ただ、嫌な記事も後から見つけてしまった。

「笠井工房」さん料金(時給料金)

【作業時間の目安】

5~6時間(平均)

作業が1台毎に異なり時間は一定ではありませんので、平均的な時間です。

出張ボディケア(出張洗車) | 笠井工房の各種サービス | 笠井工房
https://www.kasaikobo.jp/service/carwash/

1 台あたり 5 〜 6 時間が平均施工時間だと言う。
前述の基本収入計算法では、1 日 4 台の施工で考えてみて欲しいと。
それに 1 台の施工料金も考えて欲しいと。
しかしながら、論理的になんか破綻しているようで、計算するまでもなく平均施工時間を正とすれば、1 日 4 台も施工すればほぼ寝る時間も無くなってしまう結果となってしまう。

スタッフを雇い入れ 2 名体制で営業するケースだとか、ワックス販売売上込みのケースだとか、色んな捉え方はあるかと思う。
でもね…

この手は、ビジネス開業サービスでよくある話だと思っている。

 

素人の自分は 1 台あたりの施工時間を 2.0h と換算する間違えを犯している。
内装まで綺麗にするなら、確かにその時間ではキツすぎる。
初回フル仕上げ施工には、5 〜 6 時間所要するとの記載もあった。(高田/美装さん
となると、現実的には 3 〜 5 時間の施工時間が妥当なような感じがする。
1 日 2 台ぐらいの施工ペースが現実的なのではないかな?

 

目に見えないノウハウを取り扱うのだから、色んなことがあって当然なはず。
だから、あまり思うところはないのだが、情報が溢れている今の時代だからこそ正しい情報の見極めが必須なんだろうね。
(自分も少し危なかったが。。。)

で、このビジネス的には時給換算の方がリスクが無いように思えるが、プロとして一括で請負うスタイルも格好良いと感じている。
ボディ状態による施工作業の増加危惧については、その時々でプラス料金として事前見積提示することがスッキリしていると思う。

色々と書きたいことがあったのだが、だいぶ脱線してしまった。

自分の洗車とワックスに対するスタートポイントが「AKI洗車道場」さんに共感したことが契機だったので、如何にもまず初めにそこを基本として調べてしまうのだ。
他意は無いのだが、調べてしまうとまたまた如何にも腹落ちが難しい場面に遭遇してしまう。
そんなこと書かなきゃ良いじゃん!と言われるかも知れないが、見て見ぬフリも大人気無いような気もしてしまって。

これも時の移ろいってやつなんだろうね。。。